稲沢・一宮で交通事故治療・通院が可能な接骨院ならほった接骨院へ
稲沢市の接骨院HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

今年は雨が多いですね│肩と頚の痛みならほった接骨院 H29.11.8
おはようございます。スタッフの細川です。

最近、晴れの日が戻り日中は穏やかな暖かさが感じられる、今日この頃ですね(^◇^)

今日は、朝から天気も悪く、そのせいでしょうか、体調を崩されて来院される方もおられます。寒くもなりましたので、温かいものも、美味しい季節ですね^^

今日は、これから冬にかけて、風邪予防や胃腸症状の改善を図る野菜について、書いていこうと思います。

東洋医学において、5色というものがあります。青(緑)、白、黒、の5種類です。
青は肝機能の代謝を助け、疲労回復や免疫力強化などの作用があると言われています。
ほうれん草やブロッコリーなどがそれにあたります。

赤は血を補い、心臓強化、そこから虚弱体質や手足の冷えの改善に効果があると言われています。
ニンジンやトマトなどがこれにあたります。

白は肺機能強化や胃腸症状の改善に効果があると言われています。
カリフラワー、梨、白菜、大根などがこれにあたります。


黒は腎機能を高め排泄作用高める効果があると言われています。
しいたけ、海藻、ごぼう、黒豆などがそれにあたります。

黄は脾臓機能を高め、新陳代謝を活発にする効果があると言われています。
大豆、カボチャ、トウモロコシなどがこれにあたります。

今回は上記のですね^^今の時期だと白菜が美味しいですね(^_-)-☆
白菜は漬物、炒め物、鍋、スープなど、なんにでも合いますよね^^?


白菜は、ビタミンⅭ、カリウム、カルシウム、食物繊維が含まれていて
95%は水分だそうです。
他、ミネラル類も微量ですが、バランスよく含まれているようです
白菜は、冬の健康維持に欠かせない「養生三宝」とも言われています。
他の二宝は大根、豆腐です。

ビタミンⅭは肌や粘膜を正常に保つ効果があり、抗酸化作用があるため、風邪の予防のほか美肌効果も期待できます。

カリウムは体内のナトリウムを調整を行い、余分な水分を体外に出してくれるので、むくみの改善にも役に立つようです

白菜は、煮込んだりすると、かなり柔らかくなるので食物繊維も容易に摂れます。
でも腸に関しては水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよくとるようにしてくださいね(^_-)-☆ 水溶性食物繊維は海藻類や果物に含まれています。

お鍋だと栄養成分が鍋に溶け出すので一番効率よく
栄養素を摂れるかもしれませんね^^


本来は、5色をバランスよくとられるのが、身体には良いので、
組み合わせを考えてみるのも、良いですね^^

今回は、これからの時期から調子を崩しやすそうな、
肺と胃腸に焦点を当ててみました。

ご自身の身体の体調などで足りていないものがあれば、
その色を気にして、食べられると良いと思います。
では、皆さんくれぐれも体調には気を付けてくださいね(^_-)-☆

また、次回(''◇'')ゞ







投稿者 ほった接骨院 (2017年11月 8日 10:07) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

ご質問等お気軽にご相談下さい。